PontaとTポイントを比較

PontaとTポイントを比較した

共通ポイントカードの先駆けとなったのがTポイントカードです。共通ポイントカードとして、TポイントのライバルといえるのがPontaカードです。 PontaカードはTポイントのように、様々な店舗で使える共通ポイントカードです。

 

皆様の中にはTポイントとPontaカードを両方とも持っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 PontaカードもTポイントカードと同じく、1ポイント=1円で利用することができます。 両カードの違いとなりますと、これはもう使える店舗の違いの一点といえるでしょう。

 

Tポイントカードの方が使える店舗が多いのですが、Pontaカードも決して少ないというわけではありません。 使える店舗をざっと挙げてみましょう。

 

・Tカード ファミリーマート、スリーエフ、ENEOS、すかいらーくグループ、マルエツなど

 

・Pontaカード ローソン、昭和シェル石油、ゲオ、ケンタッキーフライドチキン、サカイ引越しセンターなど

 

女性1

どれも聞いたことのある名前ばかりだと思われますが、こうしてみると住み分けができている印象を受けます。 数で言えばTカードの方が多いのですが、Pontaカードが利用できる店を使うことが多いのでしたらPontaカードを持っていた方がいいと思われます。

 

2枚物というのもいいのですが、ポイントが分散してしまいます。 それでも構わないのでしたら、別にいいのですが、カードに合わせて利用する店を絞っていくという方針で買い物していくというのも一つの手です。 何にせよ、あらゆる店で使うことができますので、共通ポイントカードは1枚持っておくとお得です。

↑ PAGE TOP