共通ポイントサービスのメリット

共通ポイントサービスのメリットについて

共通ポイントカードとは、複数の店舗で使うことができるポイントカードのことです。 分かりやすい例としては、コンビニエンスストアで使うようなカードです。 コンビニエンスストはは原則として、1枚のカードがあれば、全国の店舗でそのカードが使えます。

 

マネー

 

代表的なのはTポイント、nanaco、ポンタカードあたりでしょうか。 さて、共通ポイントカードには大きなメリットがあります。 それは、もう先ほどに述べてしまいましたが、1枚のカードがあれば全国の店舗でそのカードが使えるという点です。

 

何を当たり前なことを、とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、各コンビニが1店舗ずつ違うカードを所有していれば、トランプと同じくらいのカードを毎日携帯する羽目になってしまいます。 持ち物をコンパクトに出来るという点で、共通カードは大きなメリットがあるといえるでしょう。 また、共通ポイントカードのメリットとして、ポイントが貯まりやすいというメリットもあります。

 

複数の店舗で使えますので、買い物をしているうちに自然とポイントがたまっていくのです。 中には複数の種類の店(コンビニだけでなく、レンタルビデオ店、ガソリンスタンド、書店など)で使えるカードもあります。

 

共通ポイントカードの多くは、そのポイントを現金の代わりに使えるようになります。 そのため、経済的にもお得になりますし、インターネット上の買い物もポイントで行えるので便利に利用できます。 皆様も共通ポイントカードを1枚くらいは所有しておくといいかもしれません。

↑ PAGE TOP